CONTENTS
新着情報

◎2017/4/19

何でも屋の軽い仕事 の情報を更新しました。

「何でも屋 開業」
に関連するツイート
Twitter

何でも屋で開業するには

何でも屋で開業するには

何でも屋で開業する方法は、二つあります。
一つ目は、「フランチャイズに入る」。
この方法だと、大手の何でも屋の名前を使えるという利点があります。
ただし、加盟金などが要りますし、利益があってもなくても毎月一定のロイヤルティーを支払わなければなりません。
二つ目は、「自分で起業する」。
この方法だと、利益はすべて自分の物になりますし、加盟金なども要りません。
ただし、自分でお客さんを集める必要があります。
とはいえ、費用ゼロでお客さんを集められるサイトもありますから、そういうサービスを上手く使えばかなり負担は軽減できます。
そして、何でも屋は基本的に資格なども要りませんから、素人でも始めやすい職業といえます。
ただし、仕事の内容によっては古物商などの資格が必要になることもあります。
また、エアコンのクリーニングなどはそれなりの知識がないとできません。
ですから、最初のうちは簡単な物だけ引き受けて、徐々に仕事の幅を広げて行くとよいでしょう。

何でも屋の経営を始めるなら

脱サラして、何でも屋を経営する人が少なくありません。
別名便利屋ともいいますが、その名の通り、様々な雑事を代行するサービス業者です。
特定の専門業種はなく、必要とあれば、家事全般、粗大ゴミの回収、庭木の剪定や刈込、犬の散歩、簡単な修理やパソコンによる原稿作成など、可能な限り何でも行うのが何でも屋です。
何でも屋は誰でも始めることができますが、上手く経営していくためには、業務内容によっては専門的な知識や訓練が必要になったり、公的資格が必要になったりすることもあります。
もちろん、できない業務があっても問題はありません。
お客様と相談しながら、それが可能かどうかを判断してから依頼を引き受けることになります。
高齢化社会にあって、高齢者は自分でしたくてもできないことが多くなってきます。
そのような高齢者にとって大変助かる存在であるのと同時に、また、忙しくて時間が取れない人にとっても、何でも屋は大活躍しています。